YAKUMOニュース

  • HOME
  • YAKUMOニュース
 

税理士の方々に来ていただき、高校2年生対象とした租税教室が行われました。成人年齢が18歳に引き下げられ、税との関わりも増すということもあり、生徒たちは意欲的に話を聞き、知識を得ようとしていました。講義の後にはプレゼンテーションや意見交換をして、さらに理解を深めました。

生徒の感想:「税金の種類が50種類もあってとても驚きました。また、日本は現在多くの借金をしていると知ったので、成人になるまでに自分がどのようにしていけば良いかをしっかりと考えていきたいと思いました。そして、税金を集める際には、全員が納得できるように分けなければならず、自分で考えた時にとても難しく感じました。成人になったらさらにしっかり学んで、社会に貢献したいと思いました。」
「生まれてから現在も含め、1人当たりにものすごい額の税がかかっていることにすごくびっくりしました。経済を回していくために色々な工夫をしていることが分かったし、私たちは消費税が高くなったことの表面だけをみて、あれこれ言うべきでないということが分かりました。お金の在り方やお金についてもっと知り、丁寧に使っていこうと思いました。」

租税01.JPG

租税02.JPG

租税03.JPG

租税04.JPG

 

駒沢公園第一球技場・駒沢屋内球技場で、中学生のスポーツ交流大会が開催されました。クラス対抗で男女に分かれてサッカー・バスケットボール・バレーボールをしました。生徒たちは広いグラウンドと体育館で元気よくボールを追いかけていました。学校では、昼食時に校長先生から全校生徒に柏餅のプレゼントがあり、生徒たちも喜んで端午の節句を味わっていました。クラスや学年の絆が深まる一日となり、連休後の楽しい学校生活が始まりました。

The Ballgames Sports Day was held for junior high school students at Komazawa Olympic Park. They played soccer, basketball, and volleyball in the inter-class tournament separated by girls and boys. They were energetically chasing after balls in the pitch. After they went back to school at lunch time, a rice cake wrapped in an oak leaf was given as a present to them to celebrate Boy's Day from Mr. Kondo, the President-Principal. The bond among the classmates and other class members was strengthened throughout the day. After Golden Week, the students had an enjoyable return to their school life.

スポーツ大会01.JPG

スポーツ大会02.JPG

スポーツ大会03.JPG

スポーツ大会04.JPG

スポーツ大会05.JPG

スポーツ大会06.JPG

 

成年年齢を迎える高校3年生に向けて碑文谷警察署の方から、若者を狙った悪質商法、危険なアルバイト、SNSを通じた被害についてのお話がありました。若者は自分では思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまうことも多いので、「自分の身は自分で守る」という意識を持って、犯罪に巻き込まれないように注意すること、また困ったことがおこったらすぐ周りに相談するようにという内容でした。その後、校長先生からも「まずはトラブルに巻き込まれないように気をつけるように。今は自分の希望進路に向けてしっかりと勉強に取り組むことが大切です。」というお話があり、生徒たちは気持ちを引き締めていました。

For 12th grade students who are on their way to becoming mature adults, the police officers of the Himonya Police Station spoke about fraudulent practices, shady business, and criminal activities through SNS."Young people sometimes got into unexpected trouble. It is important for you to protect yourself. Be careful not to become involved in any kind of criminal activity. If you have trouble, quickly tell the adults around you."President-Principal Akio Kondo remarked, "Be careful not to get into any trouble. For now, the most important thing is to study for your future career."After the speech, the students looked determined.

講話01.JPG

講話02.JPG

 

暖かな春らしい日差しのもと、入学式が挙行されました。校長先生からは「ようこそ、八雲学園へ。八雲学園は自分の命、他人の命を大切にする生命主義・健康主義を教育理念に掲げています。世界では大変な状況が続いていますが、みなさんは感謝の気持ちを忘れずに、『自分に厳しく、他人に優しく』」という気持ちを持って、これからの学校生活を送っていって下さい。」という話がありました。式の後には担任の先生が紹介され、最初のホームルームが行われました。新入生たちはやや緊張した面持ちでしたが、これからの学校生活への希望に胸を膨らませているようでした。ご入学おめでとうございます!

The entrance ceremony was held in the warm spring sunshine. President-principal Akio Kondo remarked, "Welcome to Yakumo Academy. Our educational doctrine is to treasure your life and others' lives. Serious situations are continuing in the world. Don't forget the feeling of gratitude to others. Be strict to yourself and kind to others in your daily school life. After the ceremony, the new students' homeroom teachers were introduced and they received the first homeroom guidance from the teachers. The students looked nervous, but they are full of hope for their new school life. Congratulations on entering school!

入学式01.JPG

入学式02.JPG

入学式03.JPG

入学式04.JPG

入学式05.JPG

入学式06.JPG

 

八雲学園の桜が満開になりました。呑川の遊歩道や駒沢公園など、学校周辺にもみどころがたくさんあります。感染対策をしながら、桜を見に散策に訪れてみてはいかがでしょうか。

Cherry blossoms at Yakumo Academy are in full bloom. There are many other good places to see cherry blossoms around the school. Why not take a walk and enjoy the beautiful displays? But be sure to follow the infectious disease measures.

桜01.JPG

桜02.JPG

桜04.JPG

桜03.JPG

 

東京の桜の開花が発表され、八雲学園とその周辺の桜も徐々に咲き始めました。学園では、5日間にわたって春期講習が行われています。英語・国語・数学を希望制で受講し、各教科習熟度別クラスで授業が行われています。生徒たちも新学年に向けて、集中して授業に臨んでいました。

The beginning of cherry blossom season was announced in Tokyo and the cherry blossoms around the Yakumo Academy have gradually begun to bloom. At school, 5 days of spring supplementary classes are now being held. The students can choose from the subjects of English, Japanese and math and classes are divided according to their proficiency level. They are taking classes seriously in preparation for the new school year.

春期講習01.JPG

春期講習02.JPG

春期講習03.JPG

春期講習04.JPG

 

高校1・2年生を対象に、卒業生体験談を行いました。受験を終えたばかりの卒業生たちが、科目ごとの勉強法や一日の過ごし方、志望校決定の理由などについて話しました。なかには、自分が聞いた卒業生体験談が志望校決定の決め手になったという卒業生もいました。生徒たちにとっては身近な先輩から貴重な話を聞くことで、本格的な受験に向けてより一層の動機づけとなったようです。

The graduates talked about their experiences for 10th and 11th grade students. They mainly explained about how they studied for the college entrance exam and managed their time and their reasons for choosing the university they decided to attend.

One of the graduates said, "I had a chance to listen to the graduates like you, and that was a decisive factor for me in choosing a university." It seems that by listening to the graduates' valuable experiences, the students became even further motivated to begin preparing for the exam.

卒業生体験談01.JPG

卒業生体験談02.JPG

卒業生体験談03.JPG

卒業生体験談04.JPG

 

74回生の卒業式が厳粛な雰囲気で挙行されました。校長先生からは「現在、世界では厳しい状況で生活している人々が大勢います。恵まれた環境にいるみなさんは、与えられた環境の中で『他人に優しく 自分に厳しく』という気持ちで、できることを精一杯やっていってください。」とお話がありました。卒業生たちは学園生活の「誇り」を胸に新たな道へ向かって旅立っていきました。

The 74th graduation ceremony was held. In a solemn address to the students, President-principal Akio Kondo remarked, "Now, many people are struggling through this tough situation. I want you all to realize that you are living in a safe and favorable environment. Please think about it and do your best. Don't forget to always be kind to others and strict with yourself." The graduates will set out on a new path with the pride of Yakumo in their hearts.

卒業式01表彰.JPG

卒業式02答辞.JPG

卒業式03会場.JPG

卒業式04HR.JPG

卒業式05K.JPG

卒業式06Y.JPG

卒業式07R.JPG

卒業式08校舎.JPG

 

3月の文化体験教室は、めぐろパーシモンホールで、中学生を対象に映画「今日も嫌がらせ弁当」を鑑賞しました。八丈島で暮らす母娘の日々のお弁当にまつわる実話に基づく作品です。家族の愛情などについて改めて考え、感動して泣いている生徒も多くいました。

生徒の感想:「最初はすごく面白いネタなどが入っていてとてもおもしろかったです。後半になるにつれて少しずつ感動ものになっていってとてもすてきな話でした。私もお弁当を毎日作ってもらっているので、これからは母親に感謝しながらお弁当を食べていきたいと思います。」(1年生女子)
「自分が普段普通に食べているお弁当にはお母さんの愛情があるものだから、自分は誰かに愛されて必要とされている存在だと思いました。」(1年生男子)
「いつも当たり前に食べているお弁当はお母さんが心を込めて朝早くから一生懸命作ってくれているんだなと思い、これからは当たり前だとは思わずに食べたい。」(1年生女子)
「お母さんがお弁当を必死に考え続け、自分の体調を考えずに努力していたところがグッときて、自分も親に対する態度を改めようと思った。」(1年生男子)
「私も毎日お弁当を作ってもらっているので、自分の事のように見ました。子供の気持ちも親の気持ちも分かり、複雑な気持ちになったり感動したり、とても心が温まる映画でした。」(2年生女子)
「主人公が自分と重なるところが多かったので、感情移入がとてもしやすかったです。主人公の気持ちがよく分かるからこそ、私はこの映画で母親の気持ちをよく考えながら見ることができました。これからは日ごろから母に感謝の気持ちを伝えようと思います。」(2年生女子)
「いつもなんとなく食べてしまっているお弁当にも、自分の両親が手間をかけて作っていることに改めて気づかされました。普段から感謝の気持ちを忘れずに食べていこうと感じました。」(2年生男子)
「生意気でも反抗期でも決して見捨てず、しっかりと愛してくれていて、親の偉大さを改めて思った。何度も泣きそうになりました。最後は親も娘も素直になれて、本当に素敵だと思った。」(2年生男子)
「私も毎日お母さんにお弁当を朝早くからつくってもらっているので共感できる部分がたくさんあって最後少し感動して泣いてしまいました。反抗してしまう気持ちも分かるからこそ、この映画を観て改めて親に感謝したいなと思いました。とても面白い内容で自分の生活も見直すことができる映画でした。中学最後の文化体験ありがとうございました。」(3年生女子)
「母の偉大さが分かる作品だった。私も中学に入学してから毎日お弁当をつくってもらっている。映画の中に出てくるものすごく凝っている弁当ではないけれど、毎日作り続けてるってことが当たり前だと思っていたから、考えてみるとそれはすごく大変なことで、改めて感謝しなければならないと感じた。」(3年生男子)
「文化体験で見ることができたことに意味があるような気がします。自分が気付いていない反抗期があったと思うし、今もかもしれないです。映画を観て、お母さん側の気持ちがよく分かったし、色々感じることが多くて、深く考えました。親はどれだけ大変でも子どものことを一番に優先して考えてくれていると思いました。いつか後悔しないように感謝を伝えたいし、将来は自分も子供のことを思う、親になりたいです。」(3年生女子)

 

中学2年生によるスピーチコンテストが行われました。自分の将来の夢や目標だけでなく、環境問題についての自分の考えなどを英語で発表しました。夏休みの英作文から始まり、この日まで繰り返し練習した成果を発揮し、堂々と発表していました。

8th graders had a speech contest at school. Students talked not only about their dreams or goals, but also shared their own ideas on environmental problems all in English. They started writing scripts during summer break, and had been practicing so hard since then. As a result of all their hard work, they were able to present very confidently.

生徒の感想:「スピーチをするには、声の調子を変えたり、多様なジェスチャーをつければもっと伝わりやすいということを学びました。将来大人になっても人前でスピーチする機会も増えると思うので、今回の経験をふまえてより良いスピーチができるようにしたいです。」(女子)
「自分で文を作って自分の意見を英語で発表することが、中1よりも成長を感じられてうれしかったし、英語へのやりがいを学んだ。」(男子)
「精一杯できました。反省する点は沢山ありましたが、スピーチコンテストを通じて発表することは楽しいということを学ぶことができました。」(女子)
「普段の練習を毎日しっかり行うことで、大事な時に失敗せずにできるということを改めて実感したので、これを普段の課題や勉強にもいかしていって良い結果につなげていきたいと思います。」(男子)
「緊張していても、しっかり練習すればできると分かりました。練習も先生に指導していただいたり、友人に聞いてもらったりと自分1人のときより格段に上手になりました。」(女子)

スピーチコンテスト01.JPG

スピーチコンテスト02.JPG

スピーチコンテスト03.JPG

スピーチコンテスト04.JPG

最新の記事

月別アーカイブ