YAKUMOニュース

  • HOME
  • YAKUMOニュース
 

希望者が参加し、2泊3日で岩手県釜石市を訪れました。このツアーは慶應義塾大学の横田浩一先生を中心に企画されたものです。さまざまな場所を巡りながら、副市長や地元の中高生、在住者の方々からお話を聞きました。主に人口減少に伴う様々な社会課題を理解し、「交流人口、関係人口を増やすためのアイディア」を考えました。グループでディスカッションを積み重ね、最終日には副市長もお招きし、プレゼンテーションを行いました。SNSでの発信やラグビー場の活用についてなど、中高生ならではのアイディアが披露され、大変盛り上がりました。実際に被災地を訪れ、地域の方々と交流できたことは、生徒にとって大変良い刺激になったようです。

☆お話を伺った方々☆

人01.JPG

人02.JPG

人03.JPG

人04.JPG

人05.JPG

人06.JPG

人07.JPG

人08.JPG

☆訪れた場所☆

場所01.JPG浜町避難道路

場所02.JPG仲見世通り

場所03.JPGsofoカフェ

場所04.JPGいのちをつなぐ未来館

場所05.JPG釜石鵜住居復興スタジアム

場所06.JPG魚河岸テラス

☆地元ならではのおいしい食事☆

食01.JPG

食02.JPG

食03.JPG

☆グループワーク・プレゼンテーション☆

活動01.JPG

活動02.JPG

活動03.JPG

活動04.JPG

☆お世話になった方々と☆

集合01.JPG

宝来館の女将さんと

集合02.JPG

釜石市副市長と

 

夏休みに入って、急に暑い日が続いていますが、八雲学園では暑さに負けず夏期講習を行っています。中学生は7・8月の5日間ずつ、英語・国語・数学から希望の科目を受講します。それぞれ習熟度に分かれたクラスで、実力アップを目指して頑張っています。高校生は夏休み期間中、主要5教科で分野別の講座が設けられており、大学受験にむけて実力を養成します。

夏期講習01.JPG

夏期講習03.JPG

夏期講習04.JPG

夏期講習02.JPG

 

ミニ説明会・体験教室が開催されました。国語の体験教室は「ヤクモちゃんに叱られる!」と題し、同訓異字語やよく使われる慣用句の語源や意味について学びました。当日はたくさんの受験生・保護者の方にお越しいただき、ありがとうございました。

次回のミニ説明会・体験教室(理科・要予約)は8月24日(土)です。ミニ説明会は予約不要です。体験教室の予約は8月1日(木)9:00から開始します。多くの方々の参加をお待ちしております!

体験国語01.JPG

体験国語02.JPG

体験国語03.JPG

体験国語04.JPG

 

千葉県にあるオークラアカデミアパークホテルで行われていた4泊5日の希望制の学習合宿、サマーキャンプが終了しました。最後の夜には、校長先生からケーキの差し入れがあり、みんな喜んでいただきました。5日間、集中力を保ちながらしっかりと学習し、頑張った達成感は大きかったようです。閉講式では快適な環境とおいしい食事を用意してくださったホテルの方に感謝の言葉をお伝えすることができました。夏休みはまだ始まったばかりです。この5日間で学んだことをこれからの学習に生かしていくことが大切になります。それぞれが目標を改めて掲げ、有意義に過ごしてほしいと思います。

072110.jpg

集中して授業に取り組みました。

072410.jpg朝はラジオ体操で体を動かして!

072412.jpg校長先生からケーキの差し入れを頂きました!

072413.jpgホテルの方に感謝の言葉を伝えました。

 

サントリーホールにおいて、「はじめてのクラシック~中学生・高校生のために~2019年」を鑑賞しました。夏休み中ということもあり、希望制で行われましたが、中高合わせて約50名の生徒と保護者が参加しました。「チャイコフスキーの魅力」というテーマで選曲され、日本を代表する指揮者小林研一郎さんのもと東京交響楽団による演奏、また三枝成彰さんによる解説も行われました。1部では、オペラ『エフゲニー・オネーギン』、組曲『くるみ割り人形』、バレエ音楽『白鳥の湖』よりそれぞれ有名な曲が演奏されました。2部の『ロココ風主題による変奏曲』イ長調 作品33では15歳のチェリスト北村 陽さんのソロがあり、世界で活躍をする同世代から良い刺激を受けることができました。祝典序曲『1812年』作品49では、大砲を表現しているドラムの音についての解説や歴史的な背景が説明されるなど、素敵な文化体験になりました。

20190722_064149000_iOS.jpg

20190722_064444000_iOS.jpg

20190722_064550000_iOS.jpg

20190722_072657528_iOS.jpg

 

4泊5日の希望制の学習合宿、サマーキャンプが千葉県にあるオークラアカデミアパークホテルで始まりました。中学生28名が参加しており、英語・国語・数学の授業を中心に、5日間じっくりと学習に取り組みます。初日は開講式を行い、早速授業が始まりました。夕食後の自習時間まで、それぞれ集中して取り組むことができました。

072001.jpg

072002.jpg

072003.jpg

072004.jpg

 

オリンパスホール八王子で行われ、各クラスがこの日まで一生懸命練習した成果を発揮しました。共学となった中学1・2年生は、より幅の広い歌声を披露しました。上級生も合唱コンクールにかける思いは強く、とくに高校3年生は「足跡」という課題曲にこれまでの学校生活への思いもこめ、会場中を感動に包みました。みんなで曲をつくり上げていく中で、各クラス・学年の絆が一層深まったようです。

合唱01.JPG

中学1年生

合唱02.JPG中学グランプリ(中学3年生)

合唱03.JPG

合唱04.JPG

高校グランプリ(高校3年生)

合唱05.JPG声楽部

合唱06.JPG高校タクト賞・ピアノ賞

 

目黒区立八雲小学校で行われた第24回八雲の夏祭りにボランティアとして高校生9名が参加しました。
お祭りを盛り上げるあるスタッフとして、縁日のスーパーボールすくいの補助や飲食店の販売などを積極的にやらせて頂きました。今回は小雨が降り続く中、開催されるか心配されましたが、例年以上に多くの方々が来場されており、楽しく交流することができました。

19071301hp.jpg

19071302hp.jpg

19071303hp.jpg

 

学1年生から高校2年生までの各学年は、1泊2日で遠足に出掛けました。各地でさまざまな文化やホテルマナーを学びながら、楽しい時間を過ごしました。

生徒の感想:「国立歴史民俗博物館では、昔から今にかけての歴史の移り変わりが伝わってきました。私が一番心に残ったのは第6展示室のものです。戦争の時代のことなのでとても過酷であり、写真などの映像を見て、深く、今に生きる大切さと恵まれているくらしや、現在と戦後の時代の違いを考えさせられました。」(中1)
「自分で自立して生活するのは少し大変でした。いつも親に頼ってばかりいるなと思い、これからは自分で気づいたら自分のことに加えて、自分のこと以外もやっていこうと思いました。今回の遠足は本当に楽しかったので来年の遠足も楽しみにしています。」(中1)
「奈良では、国宝など貴重なものを見学することができました。 京都の自主研修では、班行動でタクシーの運転手さんがとても親切に教えてくださり、いろいろな豆知識などが増えました。 とても楽しくてあっという間の二日間でした。」(中2)
「日本国内で留学できるという貴重な1泊2日を過ごしました。恥ずかしがらず積極的に会話することができました。この経験を今後の英語学習で活かしていきたいです。そして海外研修では、積極的にコミュニケーションをとることを目標にこれから頑張りたいと思います。」(中3)
「人と防災未来センターでは、より身近に震災を感じ、いろいろ考えさせられました。ガイドさんたちから神戸と大阪に関わる情報をたくさん聞けて良かったです。」(高1)
「伊勢神宮では、下調べをしたこともあり、歴史的な背景をたどって参拝することができました。長島スパーランドでは、様々なアトラクションを楽しみました。全体的に楽しく、日本の伝統の良さを味わえる遠足でした。」(高2)

中1ディズニー01.JPG

中1ディズニー02.JPG

中1:国立歴史民俗博物館・シェラトンホテル(テーブルマナー)・ディズニーランドなど

中2京都奈良01.JPG

中2京都奈良02.JPG

中2:京都・奈良

中3British01.JPG

中3British02.JPG

中3:ブリティッシュヒルズ

高1USJ.JPG高1:神戸・大阪

高2伊勢志摩.JPG高2:伊勢志摩

 

Yale大学との交流2日目は、めぐろパーシモンホールでコンサートを行いました。息の合ったハーモニーと美しい歌声を披露してくれました。本校のglee部・声楽部との合唱も披露しました。コンサートの合間には、Yale大学の同窓会が、世界各地の高校生の中から学業と人物に優れた者を表彰する『Yale Book Award』の表彰が行われ、本校の高校3年生2名が選出され、同窓会推薦の本が贈られました。また、7月に行われる合唱コンクールに向けて、発声やブレスの方法も指導してくれました。最後には感謝の気持ちを込めて全校生徒による校歌の合唱があり、交流の締めくくりにふさわしいコンサートとなりました。

生徒の感想:「Yale大学の方々の歌は才能だけではなく、歌への真剣さや日々の努力があってこそのものなのだと改めて感じた。glee部や声楽部の生徒も楽しんで歌い上げていて、すごいと思った。」
「同じ曲でも、年によって雰囲気などが違っていて、初めて聞くのではないかとまで思いました。歌っている本人たちが一番楽しんでいて、見ているこちらも笑顔になりました。」
「みなさんの一体感は素晴らしく、迫力と豊かな表現力を兼ね備えている美しいハーモニーでした。体を使い、ビートなども口で作り出す歌い方は私たちにはないものだと思いました。」

Yaleパーシモン01.JPG

Yaleパーシモン02.JPG

Yaleパーシモン03.JPG

Yaleパーシモン04.JPG

Yaleパーシモン05.JPG

Yaleパーシモン06.JPG

Yaleパーシモン07.JPG

Yaleパーシモン08.JPG

最新の記事

月別アーカイブ