YAKUMOニュース

  • HOME
  • YAKUMOニュース
 

今年のテーマは「CONNECT~未来へ~」、目に見えるつながりを感じにくくなってしまったこの時代だからこそ、心と心のつながりの尊さを感じ、仲間との心のつながりをさらに強める機会にしたいとい思いが込められています。今年は来場人数を制限し、飲食店は行わないなど、例年とは違う形での開催となりました。初日は生憎の天気となりましたが、2日目は天気も持ち直し、無事にすべてのプログラムを行うことができました。多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。

生徒の感想:「思っていた以上にお客さんが来てくれてよかったです。練習した時よりもプレゼンは落ち着いてやれました。事前にお互い確認し合い、皆でより良いものにしようと協力でき、良かったです。」
「頑張って準備した分、とても達成感がありました。友達が励ましてくれて、とてもいい経験ができたと思います。」
「いつもの文化祭とは違いましたが、とても楽しく準備をすることができ、良い文化祭になったと思います。」

01大看板.JPG大看板(高1)

02アトラクション01.JPG縁日(高1)

03アトラクション02.JPGゲーム(高1)

04展示プレゼン01.JPG展示・プレゼン(中学生)

05展示プレゼン02.JPG展示・プレゼン(中学生)

06展示プレゼン03.JPG展示・プレゼン(中学生)

07軽食.JPG軽食販売(高2)

08お会計スペース.JPG会計の様子

09福祉工房②.JPG福祉工房販売

10ポスター展.JPGポスター展

11クラブ01バスケ部.JPGバスケットボール部

12クラブ02空手部.JPG空手道部

13クラブ03ドリル部.JPGドリル部

14クラブ04マーチング.JPG吹奏楽部(マーチング)

15クラブ05吹奏楽.JPG吹奏楽部

16クラブ06書道部.jpg書道部

17クラブ07箏曲部.JPG箏曲部

18クラブ10茶道部.JPG

茶道部

19クラブ08華道部.JPG華道部

20クラブ09ピアノ部.JPGピアノ部

21クラブ12声楽部.JPG声楽部

22クラブ11軽音楽部.JPG軽音楽部

23クラブ10美術部.JPG美術部

24クラブ13漫画研究.JPG漫画研究部

25クラブ14ICC.JPGICC(英会話)

26クラブ16中国語部.JPG中国語部

27クラブ15glee.JPGglee部

 

駒沢体育館にて行われました。今年は種目を大幅に変更し、係りの生徒はフェイスシールドを着用するなど、感染拡大防止につとめながらの開催となりました。学年ごとのダンスでは、中2・3年男子のみで踊った「ソーラン節」や、「PIRATES of the CARIBBEAN」をテーマにした高校3年生のダンスなど、練習の成果を発揮して、会場中を魅了していました。

生徒の感想:「ダンスでは、今までがんばって作り上げていたものが発表出来てとても達成感が感じられました。また、先輩たちが手拍子などで応援してくれて、とてもうれしかったです。先輩たちの演技はとても迫力や動きがそろっていたので、感動しました。」
「例年と違って感染対策もあり、席の間隔を空けて座ったりなどありましたが、競技では、みんなでお互いを応援し合って、また競技する方も一生懸命に取り組むことができてよかったです。また、仲間と声を掛け合ったりしてクラスが1つになった気がしました。」

01クラス対抗リレー.jpg

クラス対抗リレー

02障害物01.jpg障害物競走

03落穂拾い.jpg落穂拾い

04中1ダンス01.jpg中1ダンス

05中1ダンス02.jpg

06中23男子02.jpg中2・3(男子)ダンス

07中23女子01.jpg中2・3(女子)ダンス

08中23女子02.jpg中2・3(女子)ダンス

09高12ダンス.jpg高1・2ダンス

10高3ダンス01.jpg高3ダンス

11高3ダンス02.jpg

12ビッグバトン.jpgジャンボバトンリレー

13係り.jpg

14空手道部.jpg空手道部

15ドリル.jpgドリル部

 

当初、3月に開催予定だったスピーチコンテストが、約半年延期されて開催されました。中学3年生が、自分の将来の夢や目標などについて、英語で文章を考えて発表しました。

生徒の感想:「人前での発表は苦手だったが、練習を繰り返したおかげで、本番では楽しく発表することができ、練習の大切さを改めて実感した。英語の発音も色々なアドバイスをもらえて、上手になったと思う。」
「英語劇とは違って、自分の伝えたいことを発表できたので、嬉しかった。」
「自分のスピーチだけではなく友達のスピーチを聞いて、その人の伝えたいことが、少しずつですが聞き取れて理解できたところが今回とても良かったなと感じました。相手に自分の想いや考えを伝えることのすごさを学べた気がします。」

スピーチ01.JPG

スピーチ02.JPG

スピーチ03.JPG

スピーチ04.JPG

 

サントリーホールにおいて、「はじめてのクラシック~中学生・高校生のために~2020年」を鑑賞しました。新型コロナウィルス感染症の影響で公演は約1カ月遅れの8月になり、座席数を減らすなど感染症対策をしての実施となりましたが、中高合わせて約60名の生徒と保護者が参加しました。『ヴァイオリン協奏曲ニ長調』作品35より第1楽章、『ツィゴイネルワイゼン』作品20では、9歳のヴァイオリニスト吉村妃鞠さんの演奏も聞くことができました。

生徒の感想:「色々な演奏会が中止になっている中で、オーケストラの演奏を生で聞くという貴重な体験ができてよかったです。」
「『運命』は以前から知っていたのですが、同じフレーズが第1楽章の中に200回以上出てくることは知らなかったので、驚きました。」
「1曲目からインパクトが強く、すぐに演奏に引き込まれました。」

はじクラ01.jpg

はじクラ02.jpg

 

例年よりも短い夏休みとなっていますが、その中でも、中学生は5日間、英語・国語・数学から希望の科目を受講して講習を行っています。それぞれ習熟度に分かれたクラスで、前期の復習を中心に行っています。高校生は理科・地歴公民も加えて、大学受験にむけて頑張っています。

夏期講習01.JPG

夏期講習02.JPG

夏期講習03.JPG

夏期講習04.JPG

 

中学生は定期試験前3日間を「試験対策学習デー」として、授業後に学習しています。各教科の先生が教室をまわってくるので、生徒はわからないところを気軽に質問することができます。今回は感染拡大防止につとめながらの実施となりましたが、生徒たちは集中して学習に取り組んでいました。

対策デー01.JPG

対策デー02.JPG

対策デー03.JPG

対策デー04.JPG

 

中央玄関には、七夕に合わせた花が飾られています。生徒たちは、それぞれ願いをこめて短冊を書いていました。

七夕01.JPG

七夕02.JPG

 

今年度より、海外協定大学推薦制度(UPAA)に加盟し、英語4技能eラーニング「YES(Yakumo English : Gateway to Success」を導入しました。

YESでは、タブレットやパソコン、スマートフォンを利用し、基礎(中学英語)から発展(大学入試)まで、また外部英語試験(英検1~5級、TOEFL、TOEIC、IELTS)の対策まで、自分のレベルに合わせて幅広く学習します。また、保護者の方はお子様の学習状況を把握することができます(在校生向けログインページはこちら、保護者向けログインページはこちら)。

海外協定大学推薦制度(UPAA)により、TOEFLやIELTSなどのスコアと高校3年間の成績で、容易にアメリカ・イギリスの計20大学に出願することが可能になりました(協定大学はこちら)。

国内大学だけでなく海外大学進学への道も大いに広がることが期待されます。

yesログインページ.PNG

UPAAUK_Logo032020.jpg

UPAAUS_logo032020.jpg

 

4月から延期されていた入学式が行われました。感染拡大防止のため、午前・午後の2回に分け、入り口での検温・消毒や座席の間隔をあけるなどの対策をとりました。学校長からは「ようやく入学式を挙行することができました。今は大変な状況ですが、人は生きる時代を選べません。生命を与えられた時代で、精一杯できることをやっていきましょう。」という話がありました。新入生たちは待ちに待った学校生活への期待に胸をふくらませていました。

入学式01.JPG

入学式02.JPG

入学式03.JPG

入学式04.JPG

入学式05.JPG

入学式06.JPG

 

校庭には「Let's start !!」の花文字が飾られ、学校再開の日を迎えました。生徒の机にはアクリルボードが設置され、マスクを着用し、校舎に入る際には、消毒・検温を行うなど、新しい生活様式での学校再開となりました。今日は各学年オリエンテーションなどが行われました。生徒たちは久しぶりの先生・友人たちとの再会を喜び、たくさんの笑顔がみられました。

学校再開01.JPG

学校再開02.JPG

学校再開03.JPG

学校再開04.JPG

最新の記事

月別アーカイブ