YAKUMOニュース

  • HOME
  • YAKUMOニュース
 

高校生全学年を対象に行われました。17の大学から先生方にお越しいただき、各大学の概要や学部ごとの特色など、さまざまなお話をしていただきました。生徒にとっては大学の先生の話を実際に聞き、パンフレットを手に入れ、今後の志望校選びの大いに参考になったようです。

ガイダンス01.JPG

ガイダンス02.JPG

ガイダンス03.JPG

ガイダンス04.JPG

 

今年は新たに『トイストーリー』『カーズ』の課題文が加わり、『ピーターパン』『くまのプーさん』『シンデレラ』『アナと雪の女王』『リロ&スティッチ』と合わせて7つの課題文の中から1つを選びました。まずはネイティブスピーカーの先生が読んだ課題文のお手本CDを聞いて練習するところから始まりました。先月来校したYale大学の学生との交流でも、発音やアクセントなどの指導を受け、表現力に磨きをかけました。入学して初めての行事が舞台で1人、大人数を前にして英語で発表するというインパクトのあるものでしたが、生徒たちは緊張しながらも堂々と発表しました。ラウンドスクエア加盟校からの留学生も発表を聞き、発表後のネイティブ教員たちの講評では、練習の成果が出てとても良かったという話がありました。生徒たちにとっても発表はとても楽しかったようで、これからの朗読劇やスピーチコンテスト、プレゼンテーションなどにも生かしたいという気持ちに溢れていました。

生徒の感想:「リハーサルは緊張しましたが、本番は上手に発表できたと思います。友達の発表の良かったところを真似して今後に生かしていきたいです。」
「たくさんお客さんがいて緊張しましたが、しっかり感情を込めて発表することができて良かったです。」

レシテーション01.JPG

レシテーション02.JPG

レシテーション03.JPG

レシテーション04.JPG

レシテーション05.JPG

レシテーション06.JPG

 

Yale大学との交流2日目は、めぐろパーシモンホールでコンサートを行いました。ホール全体を包みこむ美しい歌声と声量に圧倒されました。今年もglee部と声楽部の生徒たちもメンバーに加わって曲を披露し、昨日初めて会って練習したとは思えないほど息の合った歌声を披露しました。また、7月に行われる合唱コンクールに向けて、発声やブレスの方法も指導してくださりました。最後には感謝の気持ちを込めて全校生徒による校歌の合唱があり、音楽の素晴らしさやパワーを実感できた文化体験となりました。

生徒の感想:「イエール大学のみんなの歌声がとても綺麗で、凄いと思いました。日本語の歌にも挑戦していて、とても楽しかったです。」
「イエール大学生の歌を聞けてとても楽しかったです。声だけでいろんな表現ができるんだなと知ってすごいなと思いました。」
「毎年全く違う声色で、一人一人の個性をとても強く感じました。校歌を披露した時に、心や体全体で聞いていただいていたように思いました。合唱コンクールに向けての練習もしていただいてとても良い経験になりました。」
「"Wing"という曲は毎年聞いていたので、年ごとのアレンジの変化に感動しました。英語も大分分かるようになり、今年は歌詞に注目しながら聞くことができました。」

Yaleコンサート01.JPG

Yaleコンサート02.JPG

Yaleコンサート03.JPG

Yaleコンサート04.JPG

Yaleコンサート05.JPG

Yaleコンサート06.JPG

 

今年もアメリカの名門Yale大学のアカペラグループが来校しました。交流も6年目を迎え、初日は全校生徒でお出迎えをした後、各学年の授業に入ってワークショップを行いました。中学1年生とはレシテーションコンテストに向けて、一人一人に指導をしてもらい、中学3年生とは福笑いや書道などの日本文化を学び、高校生とは調理実習やフリートークをおこないました。また、放課後は、空手道部、声楽部、glee部、軽音楽部、吹奏楽部などと交流しました。最初は緊張気味だった生徒たちも、時間が経つにつれて徐々に打ち解け、中学1年生も一生懸命伝えようとする姿が見られました。二日目はアカペラのコンサートが行われる予定です。

Yale01.JPG

Yale02.JPG

Yale03.JPG

Yale04.JPG

Yale05.JPG

Yale06.JPG

Yale07.JPG

Yale08.JPG

Yale09.JPG

Yale10.JPG

 

 中学3年生は5月8日から2泊3日で、静岡県御殿場市の「国立中央青少年交流の家」で合宿研修を行ないました。野外炊事・英語学習・マナー講座・ウォークラリー・キャンプファイヤー・奉仕活動など、充実したプログラムを行いました。その中で、自主性・責任感・実行力を養い、海外研修に向けて様々なことを学びました。中学最高学年としての自覚を持ち、これからの学校生活を送ってもらいたいと思います。

生徒の感想:「自主性や責任感、実行力などをしっかり身につけられたと思います。キャンプファイヤー、集団行動ではクラスをこえて仲を深められました。それが一番嬉しかったです。次は海外研修です。」
「自分のことを自分でするのはとても難しく、他の人と協力したりお互い助け合っていかないといけないと分かりました。学んだことを積極的に活かして成長することができたということを親や友達、先生方に見せられるよう頑張ります。」
「施設の方や室長、係の友達、先生方がいたからこそ、成り立ったと思うので感謝の気持ちでいっぱいです。この合宿ではみんなで協力することができ、クラスの仲もより一層深まったと思います。」

合宿研修01.JPG

合宿研修02.JPG

合宿研修03.JPG

合宿研修04.JPG

合宿研修05.JPG

合宿研修06.JPG

 

昼休みからの時間を使って、親睦会が行われました。高校3年生が調理したカレーライスや焼きそば、先生たちが焼いた肉などがふるまわれました。中学1年生は、4月にお世話になった高校3年生の指導員とも再会し、和気あいあいとした雰囲気の中、学年のきずなもさらに深まったようです。

親睦会01.JPG

親睦会02.JPG

親睦会03.JPG

親睦会04.JPG

 

駒沢公園の第一球技場で、中学1年生のスポーツ大会が開催されました。クラス対抗で男女に分かれてサッカー大会が行われ、生徒たちは元気よくグラウンドを駆け回っていました。スポーツ大会の後にはドリンクとデザートがふるまわれ、生徒たちは学校生活へのモチベーションがさらに上がったようです。

スポーツ大会01.JPG

スポーツ大会02.JPG

 

中学2・3年生は文化体験で「江戸東京博物館」を訪れました。江戸・東京の歴史や文化を実物の資料や復元模型などで見たり触れたりすることによって、普段の授業とは違った発見があったようです。

生徒の感想:「江戸東京博物館は初めて訪れた場所だったけれど、とても楽しかったです。町並みや建物を再現した模型があったり、昔の人が使っていた道具が体験できるような場所があったりして、まるで自分が江戸時代にいるような感覚になることができました。教科書には載っていないような当時の貴重な展示物も見ることができたので良かったです。」
「今まで教科書や資料集を見て習ってきた歴史が、展示品や復元模型を見ることによって本当に存在していたんだなと感じることができました。いつも時代も人々が考えた工夫があり、それが現在まで伝わっていることに驚き、習ったことを改めて確認することができたので自分にとってとても良い経験になりました」

中2江戸博01.JPG

中2江戸博02.JPG

中2江戸博03.JPG

中3江戸博02.JPG

中3江戸博03.jpg

中3江戸博05.JPG

 

中学1年生は、1人1台タブレットPCを持ち、授業や家庭学習で使用していきます。本校で作成した「ICT活用の手引き」を配布し、全体に使用法や注意点などの説明をしたのち、さっそく授業で活用しています。最初は慣れない手つきでしたが、徐々に使い方にも慣れ、さらに授業を受けるモチベーションがあがっているようです。

タブレット01.JPG

タブレット02.JPG

タブレット03.JPG

タブレット04.JPG

 

端午の節句が近づき、共学一期生の入学を祝して中央玄関に鎧・兜が飾られました。鎧・兜は武将にとって自らの身を護るための大切な道具でした。現在では事故や災害などから身体を守るものという意味が重視され、この鎧・兜を飾る風習が残っているそうです。八雲学園でも鎧・兜が生徒の健やかな成長を見守ってくれています。

五月人形01.JPG

五月人形02.JPG

最新の記事

月別アーカイブ