9カ月プログラムレポート(高校1年生)

  • HOME
  • 9カ月プログラムレポート(高校1年生)
高校1年生を対象に、3カ月間のアメリカ留学を中心に、出発前事前学習と帰国後事後学習を合わせた9カ月にわたるプログラムプログラムです。留学中は中学の海外研修時と同様にUCSBで授業が行われます。細分化された英語の授業を3カ月間で約270時間受けることで、生徒の英語力はCEFRのB1またはB2レベルに到達します。

事前学習3ヵ月

留学をより有意義なものにするため、本校ネイティブ教員(TESOL取得者)による授業を受講します。 現地での授業にスムーズに入っていけるように、オールイングリッシュで授業を行い、集中的に英語を学ぶための土台作りをします。更に、Writing Essay(英語論文作成)の基礎学習も行い、パラグラフ構成力を身に付け、自分の考えや意見を述べられるようにします。

留学3ヵ月

UCSB(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)で、Reading、Writing、Grammar、Listening、Speaking、Pronunciation、 TOEFL Practice、Writing Project等、分野別に授業が組まれます。Master of Arts in TESOL(大学で留学生に英語を教えるための修士号)を持つ講師の授業を受講し、集中的に英語力を伸ばします。留学中は、UCSBの寮(2ヵ月)、八雲レジデンス(2週間)で生活し、ホームステイ(2週間)やアメリカ独立記念日、メジャーリーグ観戦等の文化も体験しながら、自立心も養います。

事後学習3ヵ月

帰国後には、事前学習同様、ネイティブ教員が本格的なWritingの授業を行います。留学で習得した英語力を更に向上させるため、本格的に英語論文の作成を行います。テーマは身近なものから社会情勢、環境問題などを幅広く設定し、英語力だけでなく、思考力も育み、日本国内の大学だけでなく、海外の大学も進路の視野に入れられるよう学習します。

2018年

本日で全ての授業が終わり、TOEFL Junior Testsを残すのみとなります。

1限目 Test Strategy and Practice 担当 キャシー先生

リスニング問題の対策を行い、問題文のトピックが何であるかを捉えるために、どのように情報をキャッチすべきか再確認しました。いよいよ明日、第2 TOEFL Junior Testsを受験します。

23限目 Grammar 担当 リラ先生

時制、助動詞、受動態、冠詞、数量詞、比較級、最上級、仮定法などの用法を確認したあと、Final Exam(総まとめテスト)を受けました。アクティビティーを行い、楽しみながら学習できたことで、「文法学習の重要性」をさらに感じることができたと思います。

45限目 Writing 担当 アネット先生

今まで学習したことを活かして、お世話になった先生方一人ひとりにお礼の手紙を書きました。多種多様なトピックを題材に、授業内外で繰り返し作文してきたことで、文章には様々な種類があること、またそれぞれに相応しい書き方があることを学ぶことができました。今後も事後学習でEssayを書いていくことになります。

TOEFL Junior Tests: Speaking Test

この期間での成長を正確に図るため、7月初旬に行われた第1回スピーキングテストと同じ試験官、同じ内容でスピーキングテストが行われました。前回のテストの時の緊張した表情とは対照的に、試験官の質問に堂々と答えている姿から、大きな成長が感じられました。

091701.JPG

091702.JPG

091703.JPG

091704.JPG

授業の報告です。

1限目 Weekly Quiz 担当 ヒラリー先生

回を重ねるごと、問題量が増えていき、難易度も高くなっていきましたが、最後のWeekly Quizということで、今まで勉強したすべての範囲や長い文章を書く科目もありました。どれだけ自分が成長したのか、感じることができたと思います。

2限目 Pronunciation 担当 ヒラリー先生

Stress(強調)、Syllable(音節)、リズム、音の高低、LRの音の使い分け、抑揚のつけ方、顔の動きなど、繰り返し練習してきたことをおさらいしました。英語の「音」を意識しながら、様々な発声方法で英語特有の音を身に付け、発音矯正に必要な基礎知識をしっかりと学ぶことができたと思います。

Open Classroom, Cultural Day(文化交流)

学部長のボブ・ヨーク先生、プログラムマネージャーのジジ先生、授業を担当してくださった先生方や職員の方々など、大勢の方がCultural Dayに来てくださいました。折り紙、書道、茶道、そして和菓子。4つのブースを設け、生徒が実演を交えながら日本の文化を紹介しました。アメリカ以外にもドイツ・イギリスなど様々な国の方がいましたが、世界共通語である英語で日本の文化を世界に発信する貴重な体験となりました。

明日、明後日と、ホストファミリーと過ごす最後の週末になります。家族の方とたくさんお話をして、最後まで充実した時間にしてもらいたいです。

091401.JPG

091402.JPG

091403.JPG

091404.JPG

091405.JPG

091406.JPG

授業の報告です。

1限目 Oral Presentation 担当 キャシー先生

グループごと自分たちで選んだ「牛と車輪」「金の斧」「笠地蔵」などのFable(寓話)を、Powerpoint、紙芝居、音楽などを使って発表しました。

2限目、3限目 Reading and Vocabulary 担当 スージー先生

今まで読んできた短編小説の中から、The Falcon, The Open Window, The Last Leaf, The Necklace, A White Heron5つを選び、それぞれ要約しました。「文章を読んで要約し、それを人に伝える」という作業を繰り返し行い、要点をとらえ、まとめる力が身に付きました。

4限目、5限目 Communication and Culture 担当 ダニー先生

これまで学習してきた内容をクイズ形式で復習していきました。毎回授業の始めに行っていたRiddle(なぞなぞ)、Unitごとに学習してきたアメリカ文化に関する問題がスクリーン上に映し出されて、一つひとつ振り返りました。また、「ダニー先生の友人と英語で話す」というアクティビティーがあり、4名の方が来てくださり、これまで学習してきたことを実践する良い機会となりました。最後には、ダニー先生からピザをご馳走していただき、生徒達も大喜びでした。

091301.JPG

091302.JPG

091303.JPG

091304.JPG

091305.JPG

091306.JPG

091307.JPG

091308.JPG

091309.JPG

091310.JPG

授業の報告です。

1限目 Writing Project 担当 キャシー先生

寮、UCSB、独立記念日、食べ物、Paseo Nuevoのグループごとにチェックを終えたあと、クラス全体で修正点を最終確認して、サンタバーバラのガイドブック「What's Fun in Santa Barbara」を完成させました。作業を始めたころは、「本当にガイドブックなんて作れるのでしょうか?」と不安げにしていた生徒もいましたが、無事作業を終了し、クラスで一つのものを作り上げた達成感を味わっていました。

2限目、3限目 Grammar 担当 リラ先生

星や惑星に関する例文を使いながら、Comparative(比較級)とSuperative(最上級)の使い方について詳しく見ていきました。スーパーの広告を使ったり、表やグラフなども見ながら、比較級・最上級の文を作り、ペアワークでお互いに質問しあいながら理解を深めました。

4限目、5限目 Writing 担当 アネット先生

Freewritingのトピックは、「自分の中で変わったアメリカの印象」でした。実体験をとおして、アメリカに対する印象もかなり変わったようです。約5分間で自由に文章を書くこのアクティビティーも気づけば20回目となりました。ある生徒は7月初めには5行くらいしか書けませんでしたが、今では17行書けるまでに成長しました。

091201.JPG

091202.JPG

091203.JPG

091204.JPG

授業の報告です。

1限目 Oral Communication 担当 キャシー先生

木曜日に行われる最後のプレゼンテーションの準備をしました。テーマは「Storytelling(物語形式の発表)」です。自分たちでFable(寓話)を選び、その内容をStorytellingの形でプレゼンテーションします。

2限目、3限目 Reading and Vocabulary 担当 スージー先生

The Open Window」というShort Storyを読みました。まずは物語を動画で見て、登場人物、時代、繰り返し使われている言葉など、ある程度の情報を得てから文章を読みました。事前に得た情報を頼りに、想像を膨らませながら、物語を深く理解することができたようです。

4限目、5限目 Listening and Speaking 担当 ダニー先生

テーマは「宇宙」で、太陽系やNASAに関する動画を見ながら学習しました。この授業は本日で最後となりました。目と耳で新しい語句・表現を取り入れ、そのあと例文などで使い方を確認して、実際に口に出してその表現を使ってみる、というサイクルで多くのことを学習しました。そして授業の最後には、「ラジオ出演」の収録が行われました。ダニー先生はローカルのラジオ局で、毎週金曜日に「KZAA lp 96.5 FM」という番組で曲紹介を担当しています。生徒たちが録音した曲紹介がサンタバーバラのラジオで流れます。

091101.JPG

091102.JPG

091103.JPG

091104.JPG

授業の報告です。

1限目 Test Strategy and Practice 担当 キャシー先生

リスニング問題の対策を中心に行いました。ただ答え合わせをするのではなく、問題になっていない内容も含めて、大事なところをきちんと聞き取れているのか確認をしながら問題演習を行いました。

2限目、3限目 Grammar 担当 リラ先生

仮定法過去完了について学習しました。過去の事実に反することを仮定するこの表現は、大学入試では頻出の文法項目です。ボードゲームを利用して、表現を練習しました。また、スーパーの広告を見ながら、Count Nouns(可算名詞)とNon-count Nouns(不可算名詞)、Quantifiers(数量詞), Comparatives(比較級), Superlatives(最上級)など、今まで勉強した内容の復習も行いました。

4限目、5限目 Writing 担当 アネット先生

前回作成を開始したOpen Classroomの招待状を仕上げました。また、最後のエッセイになる「Narrative Essay」について学習しました。また、ミニオンの映画のワンシーンを見ながら、「最初に~が起こって次に~起こり最後に~になった」という文章を作り、物語を伝えるうえで必要な表現を練習しました。

先週末は、教会、ビーチ、ピクニック、動物園など、ホストファミリーと様々な場所に出かけ、充実した時間を過ごせたようです。

091001.jpg

091002.jpg

091003.jpg

091004.JPG

091005.JPG

091006.JPG

授業の報告です。

1限目 Pronunciation 担当 ヒラリー先生

ホームステイ先での会話を想定して、母親、父親、子供、そして留学生役をそれぞれが演じました。「週末どこに出かけるか」というテーマですぐに実践できる表現を練習しました。また、強調する単語を変えることで意味が異なり、自分の意思を伝えるのに役立つことを学びました。

2限目 Weekly Quiz 担当 ヒラリー先生

Writingからはパラグラフの「Rewrite(書き直し)」とホームステイについての文章作成、Oral Presentationからは直接的・間接的な表現について、Reading & Vocabularyからは「Clean Travel」の再生可能エネルギーに関連した問題、Grammarからは仮定法、Communication & Cultureからは「退職」に関するTimed Readingが、それぞれ出題されました。

いよいよ、ホストファミリーと過ごす週末になります。家族との距離を縮める絶好の機会です。ホストファミリーとたくさん会話をして、絆を深めてもらいたいです。

090701.JPG

090702.JPG

090703.JPG

090704.JPG

授業の報告です。

1限目 Oral Presentation 担当 キャシー先生

ペアになり、夫婦別姓、プライバシー、騒音、男女の服装、未成年者の飲酒、公共交通機関へのペットの持ち込みなど、グループごとテーマを決めて、肯定的な立場と否定的な立場を取り、Direct Message(直接的に賛成・反対の意思を表す表現)やIndirect Message(間接的に賛成・反対の意思を表す表現)などを使いながら、討論の形で発表が行われました。

23限目 Reading & Vocabulary 担当 スージー先生

Pronouns(代名詞)が誰(何)を指しているのかを意識しながら、文章を読む練習をしました。一つの単語を指す場合、語句や文そのものを指す場合など、代名詞のさまざまな働きを学習しました。本日読んだ文章は「Clean Travel」です。太陽電池や風力発電などの再生可能エネルギーについて知識を得たあと、一人ずつ再生可能エネルギーを活用したオリジナル商品を考えて発表しました。

4, 5限目 Communication & Culture 担当 ダニー先生

Retirement(退職)についての文章を読み、仕事に関する語句・表現を確認していきました。州や国によって定年退職の年齢の違いがあることや仕事・退職に対する考え方も様々あるということを知りました。

昨日からホームステイが始まりました。ホストファミリーは優しく、温かく生徒を迎えてくださっているようですが、八雲学園だけではなく日本を代表して、アメリカ人と接しているという気持ちをもち、ホームステイの目的は何であるかをしっかり考え、有意義なものにしてもらいたいです。

090601.JPG

090602.JPG

090603.JPG

090604.JPG

090605.JPG

090606.JPG

090607.JPG

090608.JPG

授業の報告です。

1限目 Writing Project 担当 キャシー先生

サンタバーバラのガイドブックは完成に近づいてきました。寮、UCSB、独立記念日、食べ物、Paseo Nuevo(ショッピングモール)についての紹介文や体験談など、最終確認の段階に入りました。

23限目 Grammar 担当 リラ先生

Conditionals(仮定法)の勉強をしました。<If S 過去形, S would do~>は、日本ではまだ学習していない内容ですが、「What would you do if?」などの質問の形も使い、たくさんの表現を学習しました。しっかり復習して理解を深め、ホームステイ先で使って自分のものにしてもらいたいです。

4, 5限目 Writing 担当 アネット先生

Freewritingでは、先日のサンデーブランチの感想を書きました。以前と比べて、語彙力、構成力のレベルが上がっているように感じられます。また、来週行われる「Open Classroom」の招待状作成に取り掛かりました。このOpen Classroomでは、お世話になった教職員の方をお招きして、浴衣で書道、茶道、折り紙、お菓子などの日本文化を紹介します。

授業のあと、待ち合わせ場所へ移動して、各ホストファミリーと対面しました。緊張している生徒もおりましたが、ホストファミリーに温かく迎えられ、緊張もほぐれたようです。

090501.JPG

090502.JPG

090503.JPG

090504.JPG

090505.JPG

090506.JPG

Reading & Vocabularyの授業では、グループごと自分たちで台詞を考え、Skit(寸劇)で物語の内容を発表するなど、今までと違った取り組みも見られました。質問に対しての反応が速く、発言も増えており、授業のペースもだいぶ上がってきています。

090401.JPG

090402.JPG

090403.JPG

090304.JPG

2017年

事後学習は約3カ月間、放課後を利用し、専任ネイティブ3名体制、オールイングリッシュで行われます。今回は、ホームステイ・授業・文化など、自分たちが留学で体験してきたことを先生方に報告し、アメリカの文化について話し合いました。自分から積極的に話している姿が印象的でした。留学で得た英語力をさらに向上させるために、様々なテーマを取り上げ、ディスカッションでそれぞれの考えを共有してから、エッセイを書いていきます。今回のプログラムについて、12月の英語祭で発表します。後輩たちにこのプログラムの魅力を伝えるため、留学中に何度もプレゼンテーションを行ってきた経験を活かし、自分たちで準備をしていきます。

01.JPG

02.JPG

03.JPG

04.JPG

サンタバーバラのダウンタウン、スーパーマーケット、ビーチなど、慣れ親しんだ場所を訪れ、思い出深い街に別れを告げました。研修最後の夕食はステーキハウス「Sly's」でさよならパーティーを行い、美味しいステーキをいただきながら、3カ月間をみんなで振り返りました。夕食後には、タックさんからこの留学生活の総括をしていただき、プレゼントをいただきました。レジデンスに戻ると、生徒たちが用意していたプレゼントと一人ずつ書いた手紙を、感謝の気持ちを込めてタックさんに渡しました。最終日の夜も、みんなで研修を振り返りながら、楽しい時間を過ごすことができました。

帰国後は「事後学習」として、3人のネイティブの先生方による授業が始まります。帰国後も「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」機会が設けられています。この3カ月間で培ってきた総合的な英語力、様々な人との出会いをとおして豊かに育った心、多様な文化を肌で感じ養った国際的な感覚をさらに磨いていってほしいと思います。

091901.JPG

091902.JPG

091903.JPG

091904.JPG

IHOPというパンケーキ屋で朝食を取ったあと、Universal Studio Hollywoodへ向かいました。日本のUniversal Studioにはない乗り物や、Hollywoodでしか乗ることのできない、撮影現場をTramで見学する「Studio Tour」にも乗ることができ、楽しい1日となりました。

091801.JPG

091802.JPG

091803.JPG

091804.JPG

朝はゆっくりとレジデンスで過ごし、Camarillo Premium Outletsへと向かいました。中学の海外研修の時にも行った場所ですが、以前よりも時間を長く取ることができ、ショッピングを満喫できたようです。夕食は「Loquita」という本格スペイン料理レストランへ行き、夕食を取りました。お洒落な雰囲気の中、前菜・メイン・デザート合わせて全13種類のスペイン料理をみんなで楽しみました。

091801.JPG

091802.JPG

091803.JPG

091804.JPG

青空の下、修了証授与式が行われました。ジジ先生をはじめとしたUCSBの職員・先生方、またホームステイでお世話になったホストファミリーの方々等をお招きしました。式のはじめには学部長ボブ・ヨーク先生、ジジ先生からこの3カ月間の頑張りを褒めていただき、そのあと来賓の方々からもご祝辞をいただきました。その後、一人一人に修了証をいただき、式の最後には、生徒代表のスピーチとサプライズの歌で、感謝の気持ちを伝えました。式が終わった後は、みなさんとランチをともにし、この3カ月間を振り返りながら楽しいひと時を過ごすことができました。

091701.JPG

091702.JPG

091703.JPG一人一人に修了証が授与されました。

091704.JPG生徒代表によるスピーチ

091705.JPGホストファミリーともお別れです。

091706.JPG3カ月間頑張りました!

木曜日は、第2TOEFL Junior Testsに臨みました。はじめにSpeakingのテストを受け、1. Listening2. Language Form and Meaning3. Reading Comprehensionの順番でテストを受けました。6月に受験したときは、「Readingの問題が多くて解答しきれなかった」という声が多かったのですが、試験後尋ねてみると、「今回は時間内に全ての問題を解けました」という声が聞けました。長い文を読むことに慣れ、読むスピードが上がっていると実感できたようです。

091401.JPG

091402.JPG

金曜日は、UCSB登校最終日でした。Communication and CultureGrammar, Oral PresentationListening and SpeakingReading and VocabularyWritingPronunciation、計7クラスの授業内容とその先生たちについて生徒たちが評価する「Teacher Evaluation」が行われました。今年度参加の12名の声が、来年度のプログラムに反映されます。Teacher Evaluationを終えたあと、先生方とこの3カ月間を振り返りました。先生方から、「本当によく頑張りました。みなさん、驚くほど成長しました。自分たちがこの3カ月間やってきたことに誇りに思ってください。サンタバーバラはもうあなたたちの第2の故郷になりました。いつでも戻ってきてください。」とおっしゃっていただき、生徒たちはとても嬉しそうな表情をしていました。

091501.JPG

先生がケーキを用意して下さいました!

091502.JPG

授業もいよいよ最終日です。Reading and Vocabularyでは、自分で選んだ一つの物語についてプレゼンテーションを行いました。Plot(要約)、Characters(登場人物)、Setting(背景)、Quote(説明に必要な引用文)、Feedback(物語を読んだ感想)など、この授業で必ず行ってきた作業の総まとめをしました。みなとても上手にまとめられていて、Intensive Reading(精読)するために必要なスキルをこの3ヵ月できちんと身につけてきたことがうかがえます。Writing Projectでは、協力して作業を続けてきたBookletがついに完成しました。寮生活、CompostIndependence DayLagoonMuseumTouch Tank6項目に分けられたこのBookletは、全て自分たちの経験をもとに文章にしたものです。完成したBookletこちらのBlogにて見ることができます。是非、12名が作ったオリジナルBookletをご覧下さい。(Blog内、HOMETROPICANACOMPOSTINDEPENDENCE DAYLAGOONMUSEUMTOUCH TANK、をクリックすると各ページ見ることができます。)

Writing最後の授業は、授業内にパラグラフを書いて発表するというアクティビティーから始まりました。それぞれホームステイ先で面白かった体験を30分ほどでパラグラフにして、輪になって発表し合いました。続けて、前回の授業で作成した、今までの「Timeline」を発表しました。生まれてから今日までに体験してきた印象深い出来事、また今後の抱負等を語る生徒もいました。

091301.JPG

091302.JPG

091303.JPG

091304.JPG

授業の報告です。Oral Presentationでは、他の先生方も見ている中、最後のDebate Presentationが行われました。ディベートのトピックは、動物虐待、プライバシー、スマートフォンの利用についてなどで、2人一組それぞれ異なる立場から討論を行いました。少し難しいトピックを扱いましたが、きちんとお互いの意見を述べることができました。Grammar では、グラフや表を見ながら、比較級、最上級の表現を用いて、そのグラフ・表が表すものは何か、一人ずつ説明していきました。授業後半には、これまでに習ってきた全ての項目が含まれたFinal Examが行われました。Listening and Speaking では、ストレス発散法、大学の奨学金についてなど、一人7分程度のプレゼンテーションを行いました。自分で作成したパワーポイント利用し、見ごたえのある発表内容になっていました。発表者がプレゼンテーションを終えたあとは、聞き手が質問をして、そのトピックについてお互いに意見を言い合う姿も見られました。

091201.JPG

091202.JPG

091203.JPG

091204.JPG

ホームステイ先でそれぞれ週末を過ごし、授業もいよいよ大詰めです。Test Strategies and Practiceでは、木曜日に行われるTOEFL Junior Testsに向け、対策授業が行われました。Readingを重点に、テスト3項目、1. Listening, 2. Language Form and Meaning, 3. Reading Comprehensionの小テストを本番と同じ順番で行いました。Reading and Vocabularyではグループごと与えられた文章を読み、別のグループに読んだ内容をまとめて伝えるというアクティビティーを行いました。難しい表現を使いながらきちんと要約できていることから、読解力が向上していることが分かります。Writingでは前回に引き続き、Biographyについて学習しました。アポロ11号船長のニール・アームストロングやメジャーリーガーのイチローなどの有名人を扱い、どのような文が伝記・人物紹介をする際に必要かを確認していきました。また、自分自身のTimelineの作成などの作業をしました。Timelineをまとめたあとは、自分史の「Topic Sentence」と「Concluding Sentence」を考え、Autobiographyを書く準備を整えました。

091101.JPG

091102.JPG

091103.JPG

091104.JPG

毎週恒例のWeekly Quizも今回の第11回をもって最終回となりました。毎週テストがあることで、1週ずつ授業で習ったことをきちんと復習し、授業の理解度を高めることができました。テストの後は、お世話になったUCSBの教職員の方々をお招きして、茶道、書道、折がみなどの日本文化でおもてなしをする「The Open House」を催しました。キム先生、ジジ先生、授業の先生方、職員の方々、また中学海外研修でもお世話になったヒラリー先生も参加してくださいました。大勢の方たちにこれまでの感謝の気持ちを込めておもてなしをし、英語で日本文化を伝えることができました。参加してくださった方々にとても喜んでいただくことができ、生徒たちからもたくさんの笑顔がこぼれていました。

090801.JPG

090802.JPG

090803.JPG

090804.JPG

最新の記事

月別アーカイブ