YAKUMOニュース

  • HOME
  • YAKUMOニュース
 

成人の日に第72回生が学校に集まりました。この代の生徒たちは、新型コロナウィルス感染症のため卒業式を学校で行うことができず、その後も学校に集まる機会を持つことができませんでした。この成人の日を機に、何とか学校で集まりたいということで、多くの卒業生が学校に訪れました。校長先生から祝辞をいただき、久々に集まった学校で、友人や先生方と写真を撮ったり、在校時の思い出話で大いに盛り上がりました。

第72回生の皆さん、成人おめでとうございます!!

成人式01.JPG

成人の日02.JPG

成人の日03.JPG

成人の日04.JPG

 

高校生の受験対策講座は12月から始まっていますが、1月に入り、中学生を対象とした冬期講習が始まりました。英語・国語・数学から希望の科目を受講し、科目ごと習熟度に分かれたクラスでそれぞれの実力アップをはかっています。生徒たちも真剣に取り組んでいました。

冬期講習01.JPG

冬期講習02.JPG

冬期講習03.JPG

冬期講習04.JPG

 

毎年恒例の百人一首大会が行われました。校舎内には書道部の書や華道部の花も飾られ、今年は札取りも復活し、楽しみながら「雅」の世界観を味わいました。また、班ごとに担当歌について調べたものを模造紙にまとめ、授業内ではパワーポイントで、プレゼンテーションも行いました。今年の展示研究テーマは「担当歌の作者の身分や立場、服装」「担当歌が詠われた季節と、襲(かさね)の色目を選び、その理由を考える」といったもので、それぞれの班が工夫を凝らしていました。札取り以外にも、クイズに挑戦したり、お汁粉を食べたりと、一年の締めくくりにふさわしい一日となりました。

生徒の感想:「初めて競技をやったので緊張しましたが、とても楽しかったです。展示物も頑張ったので、展示されているのを見て達成感を感じることができました。来年はもっと手際よく札をたくさんとれるようになりたいです。」
「対策をした成果を出せたと思う。札をとれた時は、とても気持ちが良いので、またやりたい。札取りで頭を使った後のお汁粉は、体に染みてとてもおいしかった。クイズもかなり難易度が高かったが、相談しながら解く過程が楽しかった。」
「一年の締めくくりとして、とても良い行事だなと思いました。百人一首について学びを深められたし、楽しめたのでよかったです。コロナ禍の中で、この行事ができたことに感謝したいです。」

百人一首大会01.jpg

百人一首大会02.JPG

百人一首大会03.JPG

百人一首大会04.jpg

百人一首大会05.JPG

百人一首大会06.jpg

 

高校1・2年生を対象に13の大学から先生方を招き「大学体験授業」を行いました。「日常生活における心理学」「乳の栄養素と動物の食物摂取」「ディズニーランドの会社研究」「作家の友情と孤独」「二酸化炭素排出削減に向けたカーボンサイクル技術」「生涯楽しめるスポーツ活動」など、さまざまな分野から選択した授業を体験しました。また、中学3年生を対象にした「進路講演会」も行いました。高校進学を控えての心構えなどについて外部講師の方に講演していただきました。将来を見据えて、自分を見つめ直す良い機会となったようです。

生徒の感想:「経営は経済と違うということについて、英語を使って詳しく教えてくださったので、どちらを学びたいかということがはっきりと分かりました。学科によって学ぶことが違うので、しっかり学科まで見ようと思います。」
「図説だけでは知ることができなかった、当時の作家たちの関係や生活をより深く知ることができてよかったです。有名な作品を書いたすごい人というイメージは先入観でしかなく、本当は人間的な部分もあったのだなと思いました。」
「今まであまり関心を抱いたことのなかった環境心理学について聞くことができ、新たに関心を持つことができました。統計を学んだり、パソコンを多く使うというところに不安はありますが、改めて心理学を学びたいと思いました。」
「自分が生かしてもらい、親に養ってもらって勉強できる環境に、感謝の気持ちを持とうと思いました。今まで、自分のためだけに勉強していましたが、勉強は『自分を磨くためと人の役に立つためにするもの』と聞いて、自分の中でしっくりきたし、納得したので、これからその心構えで勉強しようと思いました。」

大学出前授業01.JPG

大学出前授業02.JPG

大学出前授業03.JPG

大学出前授業04.JPG

 

中学3年生を対象に、外部講師の方々をお招きしてマナー講座が行われました。日頃の立ち居振る舞いや、挨拶の仕方、2月に行く海外研修の場面を想定したマナーなどを、映像に録画して見直したり、お互いに気付いたことを指摘し合ったりしながら学びました。

生徒の感想:「今まであまり詳しくなかったマナーを学ぶことができました。今日学んださまざまなマナーを今後使うようにします。インストラクターの方もすごく優しくてわかりやすかったです。」
「立つ時や座るときの正しい姿勢、笑顔のつくり方やお店でのマナーなどをたくさん聞けて、アメリカに行くときに使おうと思いました。また、大人になってからも使うことが多くなると思うので、今からしっかり心がけていきたいと思いました。」
「自分自身が成長して大人になっていく中でとても重要な『礼儀』を正しく学ぶことができてとても良い経験になりました。先生からほめていただいた笑顔を大事にしていきたいと思います。」
「発表する場が苦手で、マナー講座は正直、気がのりませんでした。ですが、自分をビデオで客観的に見てみたり、他の人の発表を聞いているうちに、マナー講座が楽しくなり、発表への嫌悪感も無くなった気がします。とても楽しかったです!」

マナー講座01.JPG

マナー講座02.JPG

マナー講座03.JPG

マナー講座04.JPG

 

今年は、武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されました。バスケットボール・バレーボール・卓球の各種目をクラス対抗で行いました。選手も全力でプレーし、白熱した試合が繰り広げられ、クラスが一つになって盛り上がりました。また、生徒たちの球技大会の後には、保護者の方が参加して教職員との親睦球技大会も和やかな雰囲気の中で行われました。

生徒の感想:「バスケットボールに出場しました。出場する前は、活躍できるかとても不安で緊張していたけれど、試合が始まると試合を楽しむことができました。パスがまわってきたときに戸惑ってしまったけれど、友達が『パスして!』と言ってくれたので、相手にとられないでパスができました。」
「卓球の決勝戦はクラスのみんなが見に行っていた。最後まであきらめずに戦っていて、いい思い出になったし、みんなの心が1つになれたと思った。」
「皆、一生懸命やっていて、とても良かったです。試合中、とても集中していて時間を忘れるほどでした。振り返ると、スポーツは楽しい、悔しいなど、いろいろな気持ちが動くんだなと感じました。」
「みんなと協力しながら楽しむことができたので、良かったです。チームスポーツの良さを改めて感じた時間でした。また、負けてしまった後みんなでクラスの人や同学年の人たちをみんなで応援するのも良い思い出になりました。」

球技大会01.JPG

球技大会02.JPG

球技大会03.JPG

球技大会04.JPG

球技大会05.JPG

球技大会06.JPG

 

すっきりと晴れた青空のもと、英語祭が開催されました。クリスマスの雰囲気を味わいながら、来場された方々が英語を身近に感じていだたけるよう、朗読劇、英語劇、プレゼンテーションやゲームなどを披露しました。当日はたくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。

生徒の感想:「朗読劇の練習では、自分のできないところを確認しながら磨き上げることができた。台詞を最後まで読み切れたと思う。1日英語を使ってみて、英語への理解が深まったと思う。」(1年男子)
「初めての朗読劇で緊張したけど、楽しかったです。先輩の発音が良くてびっくりしました。英語の授業の時に習ったように返事が出来て良かったです。英語祭を通してもっと英語が好きになったし、もっと勉強したいと思いました。」(1年女子)
「去年の朗読劇より、感情の表現の仕方やキャラクターに合った声の出し方など工夫している人が増えて、劇全体としても良いものになったと感じました。僕もそこまで緊張せずに表現でき、楽しく演じることができたので良かったです。」(2年男子)
「一日中英語が聞こえてきて、楽しかったです!英語がより身近に感じられる良い機会でしたし、英語を通じて他学年の生徒とより深い関わりを持てたので良かったです。先輩方の展示などを見に行ったり、写真をたくさん撮ってもらったりと一生の思い出となる英語祭になりました。」(2年女子)
「3年生らしい発想と工夫に満ちた、非常に興味深い展示になったと思う。『日本の文化』というテーマで、日本人でも知らなかったことがあり、さらに詳しく調べてみたいと思った。また、今まで単純に楽しむのみであった英語祭を人に楽しんでもらう側になるのは、とても実りのあるものだった。」(3年男子)
「発表の時に自分が思っていたよりも多くの人が見に来てくださいました。自分たちの英語の発表の時に、うなずきながら聴いて下さる方もいらっしゃったので嬉しかったです。また、展示を見に来てくれた方から英語で質問を受けて、友達と一緒でしたが、答えられて、英語でコミュニケーションをとることは楽しいなと感じました。」(3年女子)

01英語祭本部.JPG

イルミネーションを一斉に点灯しました!

02中2Kシンデレラ.JPG英語劇「シンデレラ」(中2)

03中2Rサウンドオブミュージック.JPG英語劇「サウンドオブミュージック」(中2)

04中2Yライオンキング.JPG英語劇「ライオンキング」(中2)

05中2U魔女の宅急便.JPG英語劇「魔女の宅急便」(中2)

06中2Fアニー.JPG英語劇「アニー」(中2)

07中1Rモアナと伝説の海.JPG朗読劇「モアナと伝説の海」(中1)

08中1Y美女と野獣.JPG朗読劇「美女と野獣」(中1)

09中1Fアラジン.JPG朗読劇「アラジン」(中1)

10中1Kズートピア.JPG朗読劇「ズートピア」(中1)

11中3K漫画.JPG展示発表「日本の伝統文化について」(中3)

12中3R日本のグルメ.JPG展示発表「日本の食文化について」(中3)

13高1Fサンタバーバラ.JPG展示発表「海外研修について」(高1)

14高1Kラウンドスクエア.JPG展示発表「ラウンドスクエアについて」(高1)

15高1射的.JPG射的ゲーム(高1)

16グリー声楽.JPGglee部・声楽部による映像発表

17タブレット体験.JPGタブレット体験

18理科実験.JPG理科実験教室

19サンタセンター.JPGサンタセンターでプレゼント!

20クロージング吹奏楽部.JPG吹奏楽部の演奏

21大看板.JPG澄み渡る青空に映える大看板

 

寒く、冬らしい日が続いていますが、八雲学園の校舎には今年も色とりどりのイルミネーションが取り付けられました。学園では、12月11日土)の英語祭に向けて生徒たちも一生懸命準備を進めています。感染症対策をしながらの開催となりますが、今年はクロージングでイルミネーションの一斉点灯を行います!ぜひこの時期ならではの八雲学園にお越しください!

イルミネーション01.JPG

イルミネーション02.JPG

イルミネーション03.JPG

イルミネーション04.JPG

 

トリツフードセンター・町会主催の『クリスマスコンサート』が都立大学駅呑川緑道広場で行われ、吹奏楽部、空手道部、書道部が参加しました。天気にも恵まれ、それぞれが心を込めてパフォーマンスさせて頂きました。地域の方々との交流は、このような状況下ということもあり、本当に久しぶりでした。私たち自身も貴重な時間を過ごすことができ、嬉しく思っています。

クリスマスコンサート01.jpg

クリスマスコンサート02.jpg

クリスマスコンサート03.jpg

 

めぐろパーシモンホールにて、音楽座ミュージカルの方々をお招きし、「アート&クリエイションワークショップ」と題して文化体験教室が行われました。音楽座ミュージカルの裏側や代表作を集めた「JUST CLIMAX」特別編を鑑賞し、身体を使ってゲームを行い、楽しみながら表現方法などを学びました。

生徒の感想:「演劇の難しさ、大変さが分かった。でもそれを乗り越えて、役になりきり、感情を込めて歌うことがどんなに楽しいかということが、今日の人たちをみて分かった。自分も今日の体験をいかして英語祭で頑張りたい。」(1年男子)
「演劇などの場において大切なことは、ある程度の緊張感をもって真剣に役になりきることだと思ったけど、それだけでなく周りの空気を読むこと、より良くするために互いにアドバイスを交わしたりするなど、みんなで協力して素晴らしいものをつくりあげることも大切だと学びました。」(1年女子)
「日々どうやって練習しているのか、どうやったらあの完成度の高い作品ができるのかということを知ることができて良かったです。舞台裏のシーンがあったのですが、作品は役者の人たちだけでできているのではなく、いろいろな人のサポートがあってできるものなんだなと感じました。全体的に楽しく時間を過ごせました。」(2年男子)
「一つのミュージカルでも、いろんな場面があり、見ていてもずっと楽しむことができました。少し面白くしながらも「生きる」ことの大変さを改めて感じさせてくれた時間だったと思います。また、最後のゲームは頭を使いながらやるのが大変だったけれど、みんなとさらに仲良くなれた気がしたし絆も深まったと思うので、良かったです。」(2年女子)
「一つのシーンを作るのに、かなりの時間をかけるのは知っていたが、今回は小道具も自分たちで操作しないといけないため一人一人の責任感が強くなるため、文化体験の中のゲームでやった通り、相手や周りの人と心を読み取って行動することが大切だった。色々なシーンがあり、一人何役もやったりするので、脳と体への影響が大きく難しそうだが、私たち観客を喜ばせるために練習を積んでいるのだと感じ取ることができた。とても充実した時間になった。」(3年男子)
「とても楽しい文化体験でした。クライマックスシーンを取り集めた映像では、その年代に起きた出来事や、世の中で起こりうる出来事をリアルに演じていました。次々と色々なシーンが流れてゆくので、その人、その人の感情を心で感じることができ、終わった時にはとても心がいっぱいになりました。演技の参考になりつつも、様々な視点からの心情を感じることで、周りへの思いやりにもつながる勉強になりました。」(3年女子)

音楽座01.JPG

音楽座02.JPG

音楽座03.JPG

音楽座04.JPG

最新の記事

月別アーカイブ