朗読劇・英語劇

 中学1年生は、前期のレシテーションコンテストで身につけた正しい発音を活かし、朗読劇を行ないます。場面や登場人物の心情を考えながら台詞を発表することにより、イントネーションと表現力を身につけることをねらいとしています。これは2,3年次に行う英語劇へのステップとなります。中学2,3年生は、英語劇を行います。発音、イントネーションを正しく覚え、身振り手振りをつけながら感情を込めて台詞を言うことにより、生きた英語表現を身につけることをねらいとしています。

英語劇の様子

 朗読劇・英語劇では必ず1人が1役を演じます。これまでに「浦島太郎」、「青い鳥」、「シンデレラ」、「アニ−」、「サウンド・オブ・ミュージック」、「ピーターパン」、「マイ・フェア・レディ」、「ハイジ」などを上演しました。英語での劇を行うことによって、恥ずかしがらずに大きな声で英語を話せるようにする、そして、学年が上がるにつれて、英語をさらにブラッシュアップするために発音や感情に力を入れるようにしました。

英語劇の様子

 最初は、人前で英語を話すなんて! と不安そうにしていた生徒も、自分の役を与えられ、練習をしていくうちに、そのような思いはどこかに飛んでいったようでした。色々な発想を一人ひとりが出し合い、自ら進んで楽しみながら参加している様子が伝わってきます。お互いに発音や暗記のチェックをし、ああした方がいい、こうした方がいいと話し合い、友情を育み、プラス面が多い英語劇です。

 今年度も、全学年が発表します。ぜひ、朗読劇・英語劇を御覧下さい。

朗読劇(中学1年生)

朗読劇の様子

◆2011年度 英語祭で発表
Aladdin「アラジン」、Peter Pan「ピーターパン」、Beauty and the Beast「美女と野獣」

英語劇(中学2・3年生)

英語劇の様子

◆中学2年生 2011年度 英語祭で発表
Heidi「ハイジ」、The Sound of Music「サウンド・オブ・ミュージック」

◆中学3年生 2011年度 文化祭で発表
Annie「アニー」、The Wizard of Oz「オズの魔法使い」